今回の不適切な会計処理は「誤った会計処理の可能性」ではなく「明らかな会計処理上の誤り」であると結論付けることが可能になったため

発表時間:2024-04-18 06:52:21